消臭剤/脱臭剤マイクロゲル    

養豚場の糞尿コンポストの消臭剤による臭気対策

株式会社カルモア
 
HOME お問い合わせ サイトマップ
納入実例 無料デモテスト 使用方法 技術情報 臭気対策コンサルテーション
 
圧倒的な収集能力とカスタマイズ 消臭剤マイクロゲルの納入実例

HOME > 消臭剤マイクロゲルの納入実績 > 養豚場の糞尿コンポストの消臭剤による臭気対策

■ 導入事例:養豚場の糞尿コンポストの消臭剤による臭気対策

 

養豚場の臭気はとても強烈で不快な臭気を発生します。

主な発生源は豚舎からの漏洩と糞尿のコンポストです。

この養豚場では、近年になって周囲を宅地が囲むようになり、臭気苦情を発生しておりました。

養豚業は中企業から個人事業の経営まで幅広くありますが、今回のケースも相談の中では最も多い個人経営されている養豚場からの依頼でした。個人経営されている養豚場の場合、コストが厳しく十分な対策を立てられないケースがとても多いです。

しかし、マイクロゲルが登場してから、経営上問題ない程度のコストで、養豚場近隣からの臭気苦情を止めることができるようになりました。

敷地から出る臭気をシミュレーションしたところ、500mほど飛散することが判明し、そこで飛散距離を100m以内に抑えるべく、脱臭設備の設計を行いました。

臭気成分は主にアンモニア、低級脂肪酸、アルデヒド類、メルカプタン類と幅広く発生しております。

カルモアでは、ある理由によってアンモニアとアルデヒドは処理せず、低級脂肪酸とメルカプタンを叩けば臭気苦情が消滅すると考え、消臭剤マイクロゲルによる脱臭対策を提案しました。

その後、他の消臭剤メーカーなど何社か検討されたようですが、養豚場での実績が多数有り、信頼性も高いカルモアの消臭剤マイクロゲルが採用されました。

 

養豚場の外観
養豚場の外観

敷地内、敷地外をしっかりと歩き回って、臭気苦情の実態をしっかりと把握します。臭気対策は現場が命、現場は足が命です。
敷地内、敷地外をしっかりと歩き回って、臭気苦情の実態をしっかりと把握します。臭気対策は現場が命、現場は足が命です。

消臭剤スプレー脱臭装置の設置風景
消臭剤スプレー脱臭装置の設置風景

 

消臭剤スプレー脱臭装置の導入後、最初のコンサルテーションと同じ嗅覚測定による臭気濃度測定を行いました。
その結果を下記の通りにまとめました。

 

養豚場の臭気対策結果>>

名称
臭気濃度
脱臭効率
消臭剤使用前
コンポスト排気
23000
敷地境界線
300
消臭剤使用後
コンポスト排気
3000
86.9%
敷地境界線
30
90.0%

          ※臭気判定士による三点比較式臭袋法で算出


コンポスト内への消臭剤スプレー状態。超微粒子で噴霧されたマイクロゲルが見事に臭気を捕まえております。


設置後はコンポスト付近の臭気がガクンと減りました。それだけの脱臭効果が発揮されているのですね。

 

日本の食糧自給率は下がる一方です。その中で、カルモアは臭気対策を低コストで提供することで、狭い国土の中でどうしても存在する臭気苦情を解消し、多くの人が笑顔で生活できる環境を提供し続けます。

マイクロゲルもおかげさまでたくさんの人に使っていただき、製造コストを非常に下げられるようになりました。

その恩恵をこういった個人事業の方々に繁栄できれば企業としてこんなに幸せなことはないのではないでしょうか。

 


消臭剤マイクロゲルの代表的な使用例
基本的にはあらゆる臭気に対応可能ですが、他の技術に比べて特に優位性がある下記の業界で導入がより進んでいます。

養鶏・養豚場
鶏舎・豚舎・コンポストなど場内より悪臭を発生する臭気成分のほとんどに対応可能

塗装工場
塗装ブースの有機溶剤臭・乾燥炉排気臭にも有効。確実な設計で臭気苦情を食い止めます。

堆肥化施設
食品残渣・活性汚泥・鶏糞を問わず、堆肥化工程で発生する腐敗臭・発酵臭をしっかりと消臭

鋳造
アンモニア・フェノール・アルデヒド類を含むあの不快な臭気を一発で消臭可能です。

石油化学
硫黄系の石油由来臭気もマイクロゲルは高効率で捕捉・消臭します。

生ゴミ破砕・リサイクル・ RPF・RDF工場
ゴミの腐敗が原因で発生する腐敗臭を消臭

ゴム・タイヤ製品
生産量トップの製品。ゴム臭に対し、強力に消臭効果を発揮。混練り工程・加硫工程のどちらでも対応可能

食品工場
ニンニク加工臭・原料製造工程・スープ製造工程

消臭剤マイクロゲル ラインナップ

消臭剤マイクロゲルのデモテストを申し込む

消臭剤と防カビ剤のオンラインショップ販売

 

[ 養豚場の糞尿コンポストの消臭剤による臭気対策 ] PAGE TOP ▲