消臭剤/脱臭剤マイクロゲル    

堆肥化工場の臭気対策

株式会社カルモア
 
HOME お問い合わせ サイトマップ
納入実例 無料デモテスト 使用方法 技術情報 臭気対策コンサルテーション
 
圧倒的な収集能力とカスタマイズ 消臭剤マイクロゲルの納入実例

HOME > 消臭剤マイクロゲルの納入実績 > 堆肥化工場の臭気対策

■ 導入事例:堆肥化工場の臭気対策

 

某堆肥化工場は一日100tもの堆肥を生産する程の処理能力をもつ国内最大規模の堆肥化工場として鳴り物入りで誕生いたしました。
目的は地域内の生ゴミを集め、食品循環資源のリサイクル・再生処理を行い有機堆肥を普及させ、地域の安全な農作物の作成に寄与するため、という環境循環型社会への挑戦です。
ところが、稼働開始から予想以上に濃い臭気が発生し、新設当時に設置されていた脱臭装置では対策しきれず、なんと年間3000件もの住民苦情が発生してしまいました。

相談を受けたら、ここで脱臭装置をそのまま売ることがないのがカルモアの特徴です。

本当に問題なのは何なのか、適した対策は何なのか、その答えを見つけるためにまずは臭気対策コンサルテーションを実施。工場内及び苦情発生エリアを臭気判定士がまわり、苦情の原因となっている臭気の調査から始めます。
苦情発生しているエリアで感じられたのは、つけもののニオイのような低級脂肪酸類でした。

これらの物質は、少しの濃度でも人間の鼻には感じられる物質であり、排気中の主成分でなくても、苦情の大きな原因となる物質。実際、工場排気の成分分析結果からも低級脂肪酸が苦情原因になるのではないかと推測されました。

そこで現在使っている脱臭装置の排気を調査したところ、
脱臭装置の排気はそれほど苦情原因となっていないことを確認。それよりも、日中に開け放している窓やシャッター部から漏れだしている臭気が苦情の主な原因となっている事を突き止めました。

臭気が漏れでないようにと窓を閉め切ると、堆肥の乾燥が効率的にできず、製品の質が落ちてしまいます。また好気性発酵が阻害され、ますます低級脂肪酸が発生する。そして何より工場内は臭気と水蒸気でとても人が働けるような環境ではなくなってしまいます。

そこでカルモアでは窓・シャッター部と開放部へマイクロゲルをスプレーするシステムを提案。蒸気と共に外へと排出される臭気に向かってマイクロゲルを細かいミストでスプレーします。

他の消臭剤は蒸発したら効果は無くなってしまいますが、マイクロゲルはミストが乾燥し目に見えない状態になっても脱臭効果が持続するのが大きな特徴。空気中で拡散していく間も脱臭をし続けます。

結果>>

噴霧なし
噴霧中ガス
脱臭効率
臭気濃度
7,900
1,000
87%

                         ※臭気測定は悪臭防止法に定める三点比較式臭袋法にて実施

また、夜間工場を締め切っているため、朝一番で開放する際はとても濃い臭気。
シャッターを開ける前に、工場内全体にマイクロゲルを噴霧し、臭気濃度を削減してから放出することにしました。

スプレーシステム導入後、なんと年間3000件もの苦情が、一気に解消されたとの嬉しい報告を頂きました。苦情が発生する住宅地にたどり着くまで空気中でも臭気と混ざり合いながら、脱臭を続けるマイクロゲルは近隣苦情対策にお奨めです。


工場内部


開放部から漏出する臭気を
マイクロゲルで消臭


工場内に吹き込むことで高効率に消臭


消臭剤マイクロゲルの代表的な使用例
基本的にはあらゆる臭気に対応可能ですが、他の技術に比べて特に優位性がある下記の業界で導入がより進んでいます。

養鶏・養豚場
鶏舎・豚舎・コンポストなど場内より悪臭を発生する臭気成分のほとんどに対応可能

塗装工場
塗装ブースの有機溶剤臭・乾燥炉排気臭にも有効。確実な設計で臭気苦情を食い止めます。

堆肥化施設
食品残渣・活性汚泥・鶏糞を問わず、堆肥化工程で発生する腐敗臭・発酵臭をしっかりと消臭

鋳造
アンモニア・フェノール・アルデヒド類を含むあの不快な臭気を一発で消臭可能です。

石油化学
硫黄系の石油由来臭気もマイクロゲルは高効率で捕捉・消臭します。

生ゴミ破砕・リサイクル・ RPF・RDF工場
ゴミの腐敗が原因で発生する腐敗臭を消臭

ゴム・タイヤ製品
生産量トップの製品。ゴム臭に対し、強力に消臭効果を発揮。混練り工程・加硫工程のどちらでも対応可能

食品工場
ニンニク加工臭・原料製造工程・スープ製造工程

消臭剤マイクロゲル ラインナップ

消臭剤マイクロゲルのデモテストを申し込む

消臭剤と防カビ剤のオンラインショップ販売

 

[ 堆肥化工場の臭気対策 ] PAGE TOP ▲